【画像】フジテレビがテロップで「あんなアホいない」!謝罪コメント!武本康弘監督の「名誉を傷つける誤り」

フジテレビ 「あんなアホいない」 テレビ

フジテレビは4日、夕方のニュース「Live News it!」 で

京アニ事件の犠牲になった武本康弘監督の同級生が話した際に

上部テロップに話していない内容 「あんなアホいない」 と表記していまいました。

今回はこのフジテレビが間違いテロップで謝罪について調べていきます。

スポンサーリンク

フジテレビ がテロップで「あんなアホいない」!謝罪コメント!

こちらが、 フジテレビが間違いテロップで謝罪 についての報道です。

フジテレビは4日、夕方ニュース「Live News it!」で、京都アニメーションの事件で犠牲になった武本康弘監督(47)の同級生の談話を伝えた際に、画面上テロップで「あんなアホいない」との表示を出し続けたミスに対して、謝罪コメントを発表した。
 同局は「武本監督の名誉を傷つける誤りで、ご遺族の皆様、取材に応じて下さった同級生の方を始め関係者の皆様に、多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます」とした。
 番組で京都アニメーション事件の報道に入ると、画面右上に「『らき☆すた』監督の同級生も 『あんなアホいない』追悼」との表示が出た。
 この日も献花台を訪れる人が後を絶たなかったと伝え、現地を訪れた武本監督の高校の同級生の男性が、「天才だったからね、あんな天才いませんよ。絵見たら分かる、シナリオ見たら分かる」と語った。
 画面下には「あんな天才いませんよ」と談話が正しく表示されていたが、右上には変わらず「あんなアホいない」と表示され続けていた。
 同局は、経緯に関して、担当者は「あんな天才いない」と発注したが、生放送で作業に追われている中で、字が乱雑だったことなども重なり、「アホ」と表記してしまった、と説明した。
 番組では中盤で、奥寺健アナウンサーが「お詫びと訂正があります」と切り出し、「京都アニメーションのニュースの中でサイドスーパー、字幕が誤っていました。正しくは『あんな天才はいない』でした。大変失礼致しました」と謝罪し、頭をさげた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00000145-dal-ent

フジテレビが4日、驚きのミスを夕方のニュースでやってしまいました。

『らき☆すた』 武本監督 の同級生が話している内容に上下にテロップを入れたのですが、

下テロップは話している言葉を正確に 「あんな天才いませんよ」 と記載していますが、

上テロップがなぜか「あんなアホいない」と放送してしまいました。

フジテレビの釈明はこちらです。

担当者は「あんな天才いない」と発注したが、生放送で作業に追われている中で、字が乱雑だったことなども重なり、「アホ」と表記してしまった

ちょっと理解に苦しみます。

こちらが、放送された画像です。

スポンサーリンク

ネットの声

2011年8月4日に東海テレビで起きた、セシウムさん騒動の放送事故を思い出した方が多いですね。

なぜ、このような間違いが起こるのか原因を究明してほしいですね。

最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました