NHK仙台放送局で着服した職員は誰?経理の不正処理で懲戒処分

NHK仙台放送局 職員 着服 ニュース

23日NHKが会見で、NHK仙台放送局 企画総務部職員 が 54万を着服していた ことを発表しました。

職員は 9月から現在まで休職中で、 懲戒処分となりました。

不正が続くNHK内部は一体どうなっているのでしょうか?

今回はNHK仙台放送局で不正経理し、職員が着服について調べていきます。

スポンサーリンク

NHK仙台放送局で不正経理し、職員が着服

NHK仙台放送局の職員 が不正に着服していたことが話題になっています。

この職員は43歳の 企画総務部職員で 今年5月から12月に外部業者への架空の支払いデータを

13件入力して不正経費を行い、自分の口座に54万750円を振り込ませ着服していました。

着服で得たお金はパチンコで多額の借金があり、返済にあてていたようです。

この職員は 9月から現在まで休職中で、 懲戒処分になり既に全額を弁済を済ませています。

NHKは、上田良一会長が報酬の30%を、担当役員の松坂千尋理事が20%を1カ月自主返納、 上司6人を減給することが発表しました。

明らかな犯罪であるにも関わらず着服した職員は 懲戒処分で済ませるのはどうしてなのでしょうか?

なぜ逮捕されないのか、はっきりした理由を説明することが必要ではないでしょうか?

スポンサーリンク

NHK仙台放送局で着服した職員は誰?

NHK仙台放送局で着服した職員は誰なのでしょうか?

警察に逮捕されてもいい案件で、名前も公表すべきだとは思いますが、

なぜか守られているようで名前などの情報はみつかりませんでした。

年齢:43歳

職業: NHK仙台放送局 企画総務部職員

趣味:パチンコ

上田良一会長は来月で辞められるようですので、次期会長には是非とも

改善の方法を提示してほしいものです。

スポンサーリンク

NHK職員の不正遍歴

NHK職員の不正は今や当たり前になっています。

2016年及び2017年の紅白歌合戦の責任者でNHK制作局エンターテインメント番組部の男性の元部長が

女性職員にセクハラで停職3ヵ月の処分を受けています。

2017年1月には、NHK横浜放送局営業部の40代の男性職員が受信料数十万円を

着服していた疑いがあると発表しました。

この職員は調査中の2016年10月中旬に死亡したという。

2018年には、帯広放送局の51歳の技術部副部長が、

単身赴任手当など524万円を不正に受け取り懲戒免職処分となりました。

NHKの不正は枚挙に暇がないほど出てきますが、収まりません。

普通の会社であれば、すぐに謝罪して改善策を模索しますが

公共放送だからか、謝罪は遅いですし、改善策が的を得ないモノになっています。

スポンサーリンク

ネットの声

NHKから国民を守る党首の立花氏も激怒していますね。

NHK来年、 みずほフィナンシャルグループの元社長で名誉顧問の前田晃伸氏に会長がなるようですが、抜本的改革できる人に変える必要がありますね。

最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました