沢尻エリカの元夫高城剛氏が暴露!薬物の真相とは?ヘルタースケルター蜷川実花は知っていた?

高城剛 沢尻エリカ 蜷川実花 エイベックス ニュース

文春が 5月下旬に元旦那高城剛氏から 沢尻エリカ の大麻使用していたことや現在について

全てを話していたことを今頃、発表しました。

その内容は離婚前から、メディアは知っていたはずの内容で事務所からの圧力で

高城剛氏を悪者にするために伏せていた内容と思われるものです。

今回はこの沢尻エリカの薬物について元夫高城剛氏が暴露!について調べていきます。

見逃し配信バナー
スポンサーリンク

沢尻エリカの薬物について元夫高城剛氏が暴露!

こちらが、 沢尻エリカの薬物について元夫高城剛氏が暴露! についての報道です。

11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。
「そのようなことはしていない、と私は信じている。 その一言につきます」
  先週号(2012年5月31日号) の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。
 先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。 前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。

引用: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00015611-bunshun-ent

まず、 5月下旬のインタビューで高城氏は、2012年5月31日号 の週刊文春スクープで

09年9月に沢尻エリカ の前所属事務所スターダストが 薬物検査で大麻の陽性反応が示され、

専属契約の解除を告げる「通知書」を出していて、これは間違いないとしています。

しかし、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督は 沢尻エリカ の薬物に関して、

「そのようなことはしていない、と私は信じている。 その一言につきます」と答えています。

高城氏は確実にこの通知書の内容をしっていた 蜷川実花監督が

なぜそのような言動をとったのかわからないと証言しています。

蜷川実花は、どうしても主役を沢尻エリカに依頼したかったのか、

薬をやっている沢尻エリカのリアルな演技に期待したのか、事務所の圧なのか、

知っていての起用は問題がありますよね。

スポンサーリンク

沢尻エリカは弱みを握られエイベックスへ

2010年の4月突如、沢尻が一方的に「離婚表明」をし、 高城氏は寝耳に水だったというのです。

事情を聞くと離婚騒動前に、エイベックスの松浦勝人社長に会い、

松浦社長は彼女に『スターダストから、大麻の件を聞いている。

ドラッグ検査の際のやりとりの録音も持っている』と話し

『高城と離婚することがエイベックスとの契約の条件』とし、

『俺が離婚させてやる。マスコミはどうにでもなる』と。

弱みを握られたエリカは、 『エイベックスに行くしかない』と決断。

彼らの目的は明確で、エリカを『脱がせてカネにする』ことと衝撃の暴露をしています。

5月にこの暴露を文春にしているにも関わらず(メディアは離婚騒動の時に既に知っていたはず)

文春はこのタイミングでやっと出してきたのです。

今回関わっている沢尻エリカの事務所やマスメディアのやり方はエグすぎます。

スポンサーリンク

ネットの声

やはり、高城剛氏と沢尻エリカの離婚騒動の時、高城剛氏が悪いと思っていた人が多いですね。

マスに踊らされてますね、国民は。

最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました