ジャイアント白田大食い!全盛期年収3000万円の現在は?結婚、嫁や子供は?大阪の串カツはどこ?

ジャイアント白田 大食い 現在 グルメ

大食いブームだった 2000年初期のスーパースタージャイアント白田はすでに12年前に引退していました。

全盛期年収3000万円を稼いでいたジャイアント白田はまだ大食いなのでしょうか?

大阪の串カツ店を開いているようで場所やご家族についても調べてみました。

スポンサーリンク

ジャイアント白田大食い!全盛期年収3000万円!結婚、嫁や子供は?

今回はこのジャイアント白田大食い!全盛期年収3000万円!結婚、嫁や子供は?について調べていきます。

2000年代前半、テレビ界は空前の大食いブームに沸いていた。そこに現れた数々のスターの中で、最も光り輝いていたのがジャイアント白田である。
195センチの巨体で、強敵たちを次々に倒していった彼は「史上最強の大食い王」と呼ばれた。
大食いは、12年前に引退した。「今は“小食”ですね。どれだけ現金を積まれても全盛期のように大食いはできません」。食い倒れの街・大阪は道頓堀で会った白田に、当時の面影はなかった。(取材・文:ラリー遠田/撮影:モリシタヨウスケ/Yahoo!ニュース 特集編集部)
今は串カツ屋のオーナーとして厨房に立つ
大阪・道頓堀、たこ焼き屋や焼きそばなど大阪グルメの専門店が軒を連ねる「中座くいだおれビル」の一角に白田の姿があった。「串カツしろたや」。
自分の名前を冠した串カツ屋で、多いときは週に3回ほど自ら厨房に立つ。白田の店だと知らずに入った客に気づかれて驚かれることもある。
「よくあるタレントの飲食店とは違いますよ。僕自身がゼロの状態からお店を作って、オーナーとして切り盛りしていますから」。白田は専門学校に通い、調理師免許を取得。大阪に出店し、10年以上が経った。今は立派な経営者なのだ。
「あの大食いブームの当時の僕がいまだに最強だと思ってます」と白田は豪語する。その言葉通り、全盛期はトレーニングでカレー8キロ、試合本番ともなれば約10キロのカレーをたいらげ、稼いだ金額は年間3000万円にのぼる。そんなレジェンドが大食いの世界に身を投じたきっかけは、ささいなことだった。

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6339693

スポンサーリンク

ネットの声

大食いのジャイアント白田さんは一時死亡説も流れましたので「生きてたの」という意見が多いですね。

大阪で串カツ屋をしているのもはじめて知りました。

最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました